受給事例

海老名市の40代女性の障害年金の代行例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海老名市の女性のうつ病による障害基礎年金の受給例

結果

障害基礎年金2級決定

年金額 804,200円

ご相談

今から20年ほど前からクリニックを受診し、現在はうつ病と診断されているとのことでご相談の電話をご本人からいただきました。

現在は食欲不振や頭痛、意欲低下などでお仕事ができず日常生活にも支障が生じているとのことで、できれば障害年金の受給を希望し手続きの代行も依頼したいとのことでした。

保険料の納付についてお伺いしたところ、「確認はしていないが、保険料の未納は今までないと思う」とのことでした。

ご面談

海老名市のご自宅でご面談を実施することとなりました。

発病から現在までの状況を確認したところ、今から20年ほど前にご家族内でトラブルがあり、ストレスがかかったため不眠、食欲不振などの症状が出て海老名市内の内科を受診したとのことでした。

受診後、検査を実施し投薬治療を行いましたが、病状が改善しなかったため転院しました。転院の結果、うつ病と診断され月1回受診して投薬治療を継続しました。

その後通院が不便であったため通院の便の良いクリニックにさらに転院をしました。転院の結果重度のうつ病と診断され2週間に1回受診し、投薬治療を継続しました。

その後も病状が改善しなかったため、一時大きな病院に転院しましたが、病状はあまり改善しませんでした。

その後、他の内臓の病気や腰の病気などがあり、それらの病気の為手術を繰り返したこともあり、ストレスが掛かりうつ病がさらに悪化してしまいました。

現在は、腰の手術を行った時に受診していた大きな病院の医師が開業しているクリニックに継続して受診していますが、不眠、意欲低下があり食欲不振、頭痛、肩こり、微熱などの症状があり、歯磨きなどの日常生活もできない場合が多く、家族の介助が不可欠となっています。

またこの間、会社勤めなどの就労は一切行えない状態でした。

20年ほど前の初診時の病院の受診状況等証明書が取れるかどうかについてと、保険料の納付状況について確認することを前提に障害年金の手続きの代行の依頼を受任しました。

請求手続き

手続きの前提として保険料の納付状況及び20年ほど前の初診時の内科の当時のカルテの有無の確認を行いました。

保険料の納付状況については、ご自身の話の通り保険料の未納などはなく、保険料の納付要件は満たされていました。

また、20年ほど前の初診時の内科については、弊所から直接確認したところ、20年ほど前のカルテも残っているとのことでしたので受診状況等証明書を取得することとなりました。

受診状況等証明書の代理での取得を確認しましたが、「本人からの依頼がないと証明書の作成はできない」とのことでしたのでその旨をご本人に伝え、ご本人から病院に直接依頼してもらうこととなりました。

完成した受診状況等証明書を確認したところ、発病から初診時の様子が明確に記載されており、他の病院の受診についても記載がなかったため、初診日の証明としては十分と判断しました。

また認定日時点での受診に関しては、カルテが残ってなかったため、認定日請求を行うことはできませんでした。

また、現在受診している病院に障害年金用の診断書の作成依頼を行いました。その際に弊所で作成した現在のご病状を詳細に記載した依頼状を添付しました。

また、病歴・就労状況等申立書に関してもご面談時の話をもとに弊所にて作成しました。初診日から現在まで20年ほど経過していた関係からボリュームが多くなりましたが、ご本人の話をもとに詳細に作成しました。

手続きのポイント

初診時の病院が現在から20年ほど前でしたのでカルテが残っているかどうか心配しましたが、幸運にもカルテが残っていたため受診状況等証明書を取得することができました。

また受診状況等証明書の取得に関しては、代理での取得を認めるクリニックもありますが、本人の依頼者がなければ出せないという病院も多くあります。

また初診時の病院が内科でまた病名は不眠症でしたがうつ病と不眠症には相当因果関係があるため、不眠症での受診がうつ病の初診として認められます。

また、内科での受診が、うつ病での障害年金を請求する際の初診日の証明として認められるかどうか疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが内科の受診もうつ病の初診として認められ問題ありません。

 

※この受給事例は個人情報保護法の趣旨に沿って内容を作成しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障害年金専門の社会保険労務士が無料相談、お手続きの代行を承ります。

障害年金に対するお悩み、疑問をお持ちの方はまず無料相談をご利用ください。

また5分ほどの聞き取りで障害年金を受給可能かどうかの判断を障害年金専門の社会保険労務士が行います。

以下のようなお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

  • ・障害年金を受給できるかどうか知りたい

  • ・初診日がいつかよくわからない

  • ・診断書を医師にうまく依頼できない

  • ・病歴・就労状況等申立書の書き方が分からない


9:00~18:00 【休業日:土日祭日】

TEL:0466-35-6270

 

メールでのお問い合わせ無料相談はこちら

コメントを残す

*

【無料】障害年金のご相談
電話お問い合わせ:0466-35-6270(平日9~17時)
【無料】障害年金のご相談はこちらから