受給事例

戸塚区の20代女性の障害年金受給事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戸塚区の女性の統合失調症による障害年金の受給事例

結果

障害基礎年金2級決定

年金額 780,100円

ご相談

今から10年ほど前に統合失調症と診断され、その後同一の病院を受診しているとのことでした。受診後投薬治療を継続しているが、幻聴などの病状が改善しないとのことでした。

経済的に困窮しているため、障害年金の受給を希望しているとのことで手続きが難しいためできれば代行を依頼したいとのことでした。

初診時の受診状況や保険料の納付要件について簡単に伺ったところ、初診時は20歳前であったことが判明しました。このためご面談を実施し詳しくお話を伺うこととしました。

ご面談

戸塚区のご自宅近くのファミリーレストランでご面談を実施しました。

今までの病歴等についてお話を伺ったところ、学生時代にいじめがあり、幻聴や被害妄想などの症状が出たため、知人の紹介で戸塚区内の病院を受診したとのことでした。

受診の結果、統合失調症と診断され投薬治療を開始しましたが、幻聴や被害妄想、対人緊張等の症状は改善しなかったとのことでした。

その後、一時期経済的理由により受診を中断した時期がありました。

今から数年前に体調が悪化したため、再び初診と同じ病院の受診を再開したとのことでした。

就労に関しては以前よりパートを行っていましたが、1年ほど前から幻聴や対人恐怖、記憶力低下などの症状が悪化し現在は行っていないとのことでした。

ご自身では障害年金の手続きが難しいということで手続きの代行をお受けしました。ご本人には初診日が20歳前であるため、保険料の納付要件に関しては問題がない点についてお伝えしました。

お手続きのポイント

病院の受診に関しては、初診時に受診した病院と現在受診している病院が同じ病院であったためカルテも残っており、初診日の証明に関しては問題がありませんでした。

また認定日請求(さかのぼりでの請求)に関しては、20歳の誕生日の前日前後の3ヶ月計6ヶ月の期間が受診を中断している時期に当たり、診断書を入手することができず認定日請求を行うことはできませんでした。

また年金事務所でご本人が相談に行った際に父親の所得が高い場合には障害年金を受給できない場合があると言われたそうですが、そのようなことは全くありません。

障害年金に関しては、少なくとも両親の所得の多寡が受給に影響することはありません。

一方で20歳前傷病による障害年金の場合には保険料を納付していない場合でも受給できるということから、本人の所得制限が設けられており、前年の所得が389万4,000円を超える場合には、年金の2分の1が支給停止となり、500万1,000円を超える場合には全額が支給停止となります(2人世帯で給与所得の場合)。

※本件の受給事例は個人情報保護法の趣旨に則り文章内容を作成しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障害年金専門の社会保険労務士が無料相談、お手続きの代行を承ります。

障害年金に対するお悩み、疑問をお持ちの方はまず無料相談をご利用ください。

また5分ほどの聞き取りで障害年金を受給可能かどうかの判断を障害年金専門の社会保険労務士が行います。

以下のようなお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

  • ・障害年金を受給できるかどうか知りたい

  • ・初診日がいつかよくわからない

  • ・診断書を医師にうまく依頼できない

  • ・病歴・就労状況等申立書の書き方が分からない


9:00~18:00 【休業日:土日祭日】

TEL:0466-35-6270

 

メールでのお問い合わせ無料相談はこちら

コメントを残す

*

【無料】障害年金のご相談
電話お問い合わせ:0466-35-6270(平日9~18時)
【無料】障害年金のご相談はこちらから