受給事例

青梅市の50代男性の障害年金の受給事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青梅市の50代男性の胃がんによる障害年金の受給例

結果

障害基礎年金2級決定

年金額 779,300円

ご相談

青梅市の男性より現在胃がんと診断され、病院を受診中であるとのことでご相談のお電話をいただきました。

現在のご病状について伺ったところ、現在は、胃の3分の2を取り除く手術をしたこともあり胸痛が生じ呼吸困難となり、また化学療法の副作用などで日常生活に支障が生じているとのことでした。

保険料の納付状況について伺ったところ、初めて青梅市内病院を受診したのが現在から3年ほど前でその頃は国民年金に加入しており、保険料の未納はないと思うとのことでした。

このことからさらに詳しくお話を伺うためご面談を実施することとしました。

ご面談

ご面談に際し発病から現在までの様子について伺ったところ、現在から3年ほど前に食事中に違和感(胸やけ)があったため、最寄りの病院を受診したとのことでした。

受診の結果胃がんと診断され、その後入院および手術を実施したとのことでした。

その後、播種の疑いがあるとのことで化学療法を実施しているとのことでした。

現在は化学療法の副作用などもあり、胸痛がありまた歩行するだけで呼吸が困難となり、日常生活や就労に著しく支障が生じているとのことでした。

請求手続き

がんにより障害年金の請求を行う場合日常生活や就労がどの程度支障が生じているのかといった点が重要となります。

このことから、担当医師に障害年金用の診断書の作成を依頼する際にご面談時に伺った内容をもとに弊所にて依頼状作成し、診断書用紙に添付することとしました。

また完成した診断書の内容を確認したところ、数ヶ所修正が必要な部分が見つかりましたので弊所から直接病院に修正依頼を行いました。

その後弊所にて作成した病歴就労状況等申立書と完成した診断書及び必要書類とともに提出することで手続きを完了し、数ヶ月後に障害基礎年金2級の受給決定を受けることができました。

請求手続きのポイント

本件の場合、初診時から現在まで同じ病院を受診していたため、受診状況等証明書(初診日の証明書)は不要となり、診断書に初診日の日付を記載してもらうことで足りました。

また、がんの場合は前述のように日常生活や就労に支障が生じている場合に障害年金の受給対象となります。

このことから診断書の作成依頼を行う際には、日常生活や就労のどのような部分に支障が生じているのかといった点をご担当医師に明確に伝えることが重要となります。

※本件受給事例は、個人情報保護法の趣旨に沿って文章の内容を作成しています。

【関連記事】

癌(がん)による障害年金の申請について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障害年金専門の社会保険労務士が無料相談、お手続きの代行を承ります。

障害年金に対するお悩み、疑問をお持ちの方はまず無料相談をご利用ください。

また5分ほどの聞き取りで障害年金を受給可能かどうかの判断を障害年金専門の社会保険労務士が行います。

以下のようなお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

  • ・障害年金を受給できるかどうか知りたい

  • ・初診日がいつかよくわからない

  • ・診断書を医師にうまく依頼できない

  • ・病歴・就労状況等申立書の書き方が分からない


9:00~18:00 【休業日:土日祭日】

TEL:0466-35-6270

 

メールでのお問い合わせ無料相談はこちら

コメントを残す

*

【無料】障害年金のご相談
電話お問い合わせ:0466-35-6270(平日9~18時)
【無料】障害年金のご相談はこちらから