対象傷病

障害年金の対象傷病|ほとんどの傷病がその対象となります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障害年金はほとんどのご病気が対象となります。一方でパニック障害などの神経症や人格障害は原則として障害年金の対象とはなりません。

一方で「精神病の病態を示している」ような病状の重い神経症の場合はその旨を診断書の記載することで障害年金の対象となる場合があります。

対象傷病

精神の障害

うつ病双極性感情障害(躁うつ病)反復性うつ病性障害気分障害統合失調症知的障害発達障害アスペルガー症候群注意欠陥多動性障害・ADHD自閉症学習障害)、妄想性障害気分変調症抑うつ神経症てんかん認知症高次脳機能障害ダウン症アルコール精神病器質性精神障害強迫性障害

 

眼の障害

白内障緑内障網膜色素変性症加齢黄斑変性症ぶどう膜炎、ベーチェット病、眼球委縮、

聴覚の障害

感音性難聴突発性難聴メニエール病、神経性難聴

鼻腔機能障害

外傷性鼻科疾患

咀嚼(そしゃく)・嚥下(えんげ)・言語機能障害

咽頭摘出術後後遺症、上下顎欠損

肢体の障害

上肢の切断下肢の切断、上下肢の外傷性運動障害、脊髄損傷、脳卒中、脳梗塞脳出血くも膜下出血関節リウマチ膠原病(全身性エリテマトーデス)シェーグレン症候群多発性硬化症小児麻痺ジストニア、ポリオ、ポストポリオ、パーキンソン病、筋ジストロフィーギランバレー症候群、先天性股関節脱臼、変形性股関節症先天性股関節脱臼脳性麻痺、脳軟化症、繊維筋痛症脊柱管狭窄症筋委縮性側索硬化症(ALS)脳脊髄液減少症、糖尿病性神経症、人工関節・人工骨頭造設大腿骨頭壊死、複合性局所疼痛症候群(CRPS)、腰椎椎間板ヘルニア重症筋無力症脳性麻痺

呼吸器の障害

じん肺気管支喘息、慢性気管支炎、気管支拡張症慢性閉塞性肺疾患(COPD)、膿胸、肺線維症、肺気腫、肺結核、在宅酸素療法

循環器の障害

心筋梗塞、弁膜症、難治性不整脈、大動脈弁狭窄症、拡張型心筋症肥大型心筋症、大動脈疾患(大動脈解離、大動脈瘤)、狭心症、冠状動脈狭窄症、重症心不全、先天性心疾患

代謝疾患による障害

糖尿病、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症

腎疾患・肝疾患の障害

肝硬変、慢性肝炎、多発性肝膿腫、原発性胆汁性肝硬変、C型肝炎、慢性腎炎、慢性腎不全、腎硬化症、腎盂腎炎、ネフローゼ症候群、慢性糸球体腎炎、多発性嚢胞腎、痛風腎、アミロイドーシス

悪性新生物による障害

がん(胃がん、肺がん、肝臓がん、咽頭がん、喉頭がん、食道がん、すい臓がん、大腸がん、直腸がん、S字結腸癌、その他のがん)

血液・造血器疾患による障害

白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、再生不良性貧血、血小板減少性紫斑病、凝固因子欠乏症、

高血圧による障害

高血圧症(悪性高血圧)

言語機能の障害

失語症

その他の疾患による障害

HIV感染症、化学物質過敏症人工肛門造設(ストーマ)、尿路変更術、新膀胱造設、臓器移植、糖尿病性の合併症、潰瘍性大腸炎、慢性すい炎、ミトコンドリア病、骨髄異形性症候群、再生不能性貧血、多発性硬化症、強皮症、ポリオ、ポストポリオ、慢性疲労症候群、脳脊髄液減少症、クローン病

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

障害年金専門の社会保険労務士が無料相談、お手続きの代行を承ります。

障害年金に対するお悩み、疑問をお持ちの方はまず無料相談をご利用ください。

また5分ほどの聞き取りで障害年金を受給可能かどうかの判断を障害年金専門の社会保険労務士が行います。

以下のようなお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

  • ・障害年金を受給できるかどうか知りたい

  • ・初診日がいつかよくわからない

  • ・診断書を医師にうまく依頼できない

  • ・病歴・就労状況等申立書の書き方が分からない


9:00~18:00 【休業日:土日祭日】

TEL:0466-35-6270

 

メールでのお問い合わせ無料相談はこちら

コメントを残す

*

【無料】障害年金のご相談
電話お問い合わせ:0466-35-6270(平日9~18時)
【無料】障害年金のご相談はこちらから